母親の後ろについて道路を渡っていた長尾双花ちゃん(3)が、タクシーにはねられ死亡(広島県福山市)

現場は、信号も横断歩道もない交差点

タクシー運転手の前方不注意が事故の原因か

母親の後ろについて道路を渡っていた長尾双花ちゃん(3)が、タクシーにはねられ死亡(広島県福山市)

母親の後ろについて道路を渡っていた長尾双花ちゃん(3)が、タクシーにはねられ死亡(広島県福山市)


母親の後ろについて道路を渡っていた長尾双花ちゃん(3)が、タクシーにはねられ死亡(広島県福山市)

母親の後ろについて道路を渡っていた長尾双花ちゃん(3)が、タクシーにはねられ死亡(広島県福山市)


母親の後ろについて道路を渡っていた長尾双花ちゃん(3)が、タクシーにはねられ死亡(広島県福山市)

母親の後ろについて道路を渡っていた長尾双花ちゃん(3)が、タクシーにはねられ死亡(広島県福山市)

4日夜、広島県福山市で女の子(3)がタクシーにはねられ死亡した。女の子は母親と道路を横断中だった。

現場事故があったのは福山駅から約400メートルの市道。

4日午後9時前、交差点を左折中のタクシーが、道路を横断していた長尾双花ちゃん(3)をはねた。

双花ちゃんはタクシーの左前輪に腹部をひかれ、病院に搬送されたが約1時間後、死亡が確認された。

警察によると、双花ちゃんは母親の後ろについて道路を渡っていたという。

目撃者「すみっこで親と一緒に子どもが歩いていた。子どもが多分ふらついた、それで巻き込んだ。泣いていた、結構大きな声で」

現場は、信号も横断歩道もない交差点。

警察はタクシー運転手の前方不注意が事故の原因とみて調べている。

日テレNEWS24 2018/2/5(月)

広島県福山市で、母親の後ろについて道路を渡っていた女の子(3)が、タクシーにはねられ死亡するという事故が起きました。

亡くなられた女の子のご冥福をお祈りいたします。