毎日起きている交通事故。事故の原因ランキング発表

交通事故は毎日必ず日本のどこかで発生

交通事故の原因で多いものを5つ紹介

毎日起きている交通事故。事故の原因ランキング発表

毎日起きている交通事故。事故の原因ランキング発表

 交通事故は毎日必ず日本のどこかで発生しています。2014年の1年間では、交通事故で亡くなった人は4,000人以上です。当然、発生件数はこの数より多いことになります。

 そんな交通事故の原因で多いものって知っていますか?聞かれると意外と知らないものですよね。今回は交通事故の原因で多いものを5つ紹介していきます。

■5位 運転操作不適

アクセルとブレーキの踏み間違いやハンドルの操作を間違えるなどの行為を「運転操作不適」といいます。アクセルとブレーキの踏み間違いでお店に突っ込んでしまったというニュースを聞きませんか?これはまさしく運転操作不適が交通事故の原因となります。

■4位 漫然運転

「漫然」とは「ぼんやりしていた」「考え事をしていた」というようなことを指します。この運転で気をつけたいのは、運転に慣れている人。

 運転に慣れてしまっているせいか、意識がクルマの運転以外に向いてしまいがちになるのです。クルマは”走る凶器”とも呼ばれており、最悪の場合は人を死に至らしめることもあります。クルマの運転に慣れていたとしても、運転中は気を引きしめることが大切です。

■3位 動静不注視

 安全不確認と同じ意味かと思いがちですが、意味は異なります。これは「相手のクルマが停止してくれるだろうから、自分が先に行こう」「対向車が来てるけど、あの距離ならギリギリ右折しても大丈夫」といった行動や判断によって起こる事故です。

 安全面は確認できているけど、判断としては不十分ということになります。自分本位だけな判断はしないことが、事故を防ぐきっかけとなります。

■2位 脇見運転

 近年、スマートフォンをいじりながら運転するという驚きの光景も見ますよね。それ以外にも、つい外の建物や景色に意識がいってしまう場合も。カーナビの操作に夢中になるのも非常に危険です。

 運転する際はこれらのことに気を取られず、しっかりと運転に意識を持つようにしましょう。ちなみに若い世代に多い傾向があるので、若者は特にご注意を。

■1位 安全不確認

 交通事故原因の3割を占めるのが”安全不確認”です。

 一時停止線で停まらなかったり、右折左折時に対向車や後方の確認を怠ったりなど、運転中に意識する安全確認は多くあります。

 これも運転に慣れてしまうと、つい気が緩んでしなくなってしまうもの。その結果、交通事故に繋がるケースは本当に多いです。教習所では、これでもかというくらい安全確認をしたかと思います。その意識を持つことによって、交通事故を防ぐことに繋がります。

 交通事故はどんな代償が待っているかわかりません。クルマを運転する際は、安全運転の意識を持ちながら運転をしましょう。

(clicccar 2月9日 鈴木 唯)

交通事故は、人間が運転している以上、運転手の問題で事故が起きてしまうのはどうしようもないことですね。

でも、運転手が安全意識を強く持てば、このようなランキングにあるような事故原因で事故が起こることはないでしょう。

交通事故が起きると、運転手も、被害者も、家族も、職場も、友達も、親戚も、周りの人々全てに影響が及ぶことを考えて運転しなければいけないと思います。

GPS内蔵 衝撃センサー搭載のドライブレコーダー

後方撮影も可能な2カメラ・常時録画のドライブレコーダー