飲酒運転の車が電柱に突っ込み、周辺の住宅など約900戸が停電(岐阜県岐阜市)

「当時の記憶がなく衝突して気がついた」

車を運転していた男性(50)の呼気から基準値を超えるアルコールが検出

飲酒運転の車が電柱に突っ込み、周辺の住宅など約900戸が停電(岐阜県岐阜市)

飲酒運転の車が電柱に突っ込み、周辺の住宅など約900戸が停電(岐阜県岐阜市)


飲酒運転の車が電柱に突っ込み、周辺の住宅など約900戸が停電(岐阜県岐阜市)

飲酒運転の車が電柱に突っ込み、周辺の住宅など約900戸が停電(岐阜県岐阜市)


飲酒運転の車が電柱に突っ込み、周辺の住宅など約900戸が停電(岐阜県岐阜市)

飲酒運転の車が電柱に突っ込み、周辺の住宅など約900戸が停電(岐阜県岐阜市)


飲酒運転の車が電柱に突っ込み、周辺の住宅など約900戸が停電(岐阜県岐阜市)

飲酒運転の車が電柱に突っ込み、周辺の住宅など約900戸が停電(岐阜県岐阜市)

 15日未明、岐阜市で飲酒運転の車が電柱に突っ込み、近くの住宅などが停電しました。

 事故があったのは岐阜市上尻毛の県道で、15日午前2時40分ごろ「交通事故があり電柱が折れている」と、近所の人から通報がありました。

 警察によりますと、岐阜市の会社経営の男性(50)が運転する車が、道路わきの電柱を倒し、周辺の住宅など約900戸が停電しましたが、昼過ぎには復旧する見通しです。

 男性にケガはありませんでしたが、呼気から基準値を超えるアルコールが検出され、「当時の記憶がなく衝突して気がついた」と話しているということです。

 警察は酒気帯び運転の疑いで、男性から任意で事情を聞き、事故の状況を調べています。

東海テレビ 2017/8/15(火)

飲酒運転の車が電柱に突っ込み、周辺の住宅など約900戸が停電したとのことです。

飲酒運転は、絶対に許せません。