東海北陸自動車道の高鷲トンネル内で、乗用車が軽乗用車と正面衝突し、軽乗用車を運転していた50歳ぐらいの男性が死亡(岐阜県郡上市)

乗用車に乗っていた家族4人も負傷

現場は片側1車線で中央分離帯のない対面通行区間

東海北陸自動車道の高鷲トンネル内で、乗用車が軽乗用車と正面衝突し、軽乗用車を運転していた50歳ぐらいの男性が死亡(岐阜県郡上市)

東海北陸自動車道の高鷲トンネル内で、乗用車が軽乗用車と正面衝突し、軽乗用車を運転していた50歳ぐらいの男性が死亡(岐阜県郡上市)画像:岐阜新聞社(岐阜県警提供)

 27日午後2時45分ごろ、岐阜県郡上市白鳥町白鳥の東海北陸自動車道の高鷲トンネル内で、乗用車が対向する軽乗用車と正面衝突した。

軽乗用車を運転していた男性は胸を強く打ち、外傷性心破裂で間もなく死亡した。

 乗用車に乗っていた女性と夫(38)、長女(11)、次女(2)は骨折や打撲などを負ったとみられる。

 県警高速隊によると、現場は片側1車線で中央分離帯のない対面通行区間。

死亡した男性は50歳ぐらいで、同隊が男性の身元と事故原因を調べている。

 この事故のため、高鷲インターチェンジ(IC)-白鳥IC間が上下線とも約4時間半通行止めとなった。

岐阜新聞社 2018/1/28(日)

 27日午後2時45分ごろ、岐阜県郡上市白鳥町白鳥の東海北陸自動車道の高鷲トンネル(1640メートル)内で、同県各務原市鵜沼三ツ池町2丁目、山口真由子さん(40)の乗用車と対向の軽乗用車が正面衝突し、軽乗用車の50歳ぐらいの男性が胸を強く打って死亡した。

 山口さんと山口さんの夫(38)、長女(11)、次女(2)の4人も負傷したが、命に別条はない。

 県警高速隊によると、現場は片側1車線の対面通行区間で直線。

事故はトンネルの中央からやや北よりの場所で起きた。

高速隊が死亡した男性の身元や事故原因を調べている。

山口さん家族は観光帰りだったという。

産経WEST 2018/1/28(日)

岐阜県郡上市の東海北陸自動車道の高鷲トンネル内で、乗用車が軽乗用車と正面衝突し、軽乗用車を運転していた50歳ぐらいの男性が死亡、乗用車に乗っていた家族4人も負傷するという事故が起きました。

亡くなられた方のご冥福をお祈りすると共に、怪我をされた方々の回復をお祈りします。