軽自動車でトラックと衝突し死亡した60歳男性、母親の藤田ヒサコさん(96)殺害後、自殺を図ったか(広島県三次市・安芸高田市)

長男の車からは、遺書が見つかった

軽自動車がセンターラインをはみだし大型トラックと正面衝突

koutujiko_img

 広島県で、軽自動車でトラックと衝突して死亡した男性の自宅から、母親が遺体で見つかった。男性が母親を殺害したあと、自殺を図ったとみられている。

 19日午後1時半ごろ、広島県三次市の住宅でこの家に住む藤田ヒサコさん(96)が、ベッドの上で殺害されているのを義理の娘が見つけた。遺体の胸には、包丁が刺さっていたという。

 その約1時間前、安芸高田市内の国道でヒサコさんの長男(60)が運転する軽自動車が大型トラックと正面衝突し長男は、死亡した。

 軽自動車がセンターラインをはみだしたのが原因とみられるが、捜査関係者によると長男の車からは、遺書が見つかったという。

 警察は長男が自宅で母親を殺害したあと、車で自殺を図ったものとみて捜査している。

(日本テレビ系(NNN)2016年10月19日)

軽自動車が大型トラックと正面衝突し長男は、死亡し、長男の車からは、遺書が見つかったということですが、今後の詳しい調査による事故の解明が待たれます。

GPS内蔵 衝撃センサー搭載のドライブレコーダー

後方撮影も可能な2カメラ・常時録画のドライブレコーダー