山家茂さん(66)が道路を横断中、斉藤雅巳容疑者(43)の車にはねられ死亡(埼玉県羽生市)

「道がすいていたのでぼんやり運転していた。人が出てくるとは思わなかった」

羽生市下羽生の県道

山家茂さん(66)が道路を横断中、斉藤雅巳容疑者(43)の車にはねられ死亡(埼玉県羽生市)

山家茂さん(66)が道路を横断中、斉藤雅巳容疑者(43)の車にはねられ死亡(埼玉県羽生市)

4日午後9時すぎ、羽生市下羽生の県道で、近くに住む山家茂さん(66)が道路を横断していたところ、乗用車にはねられました。

山家さんは頭などを強く打っていて、およそ1時間半後に搬送先の病院で死亡が確認されました。

警察は、車を運転していた羽生市東の会社員、斉藤雅巳容疑者(43)を過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕し、容疑を過失運転致死に切り替え、調べを進めています。

斉藤容疑者は「道がすいていたのでぼんやり運転していた。人が出てくるとは思わなかった」と話しているということです。

テレ玉 2017/2/5(日)

羽生市下羽生の県道で、近くに住む山家茂さん(66)が道路を横断していたところ、乗用車にはねられるという事故が起きました。

車を運転していた斉藤容疑者は「道がすいていたのでぼんやり運転していた。人が出てくるとは思わなかった」と話しているとのことです。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。