タンクローリーが岸壁から海に転落し、運転手の山田栄成さん(68)が死亡(兵庫県神戸市東灘区)

サイドブレーキをしっかりとかけなかった事が原因か

タンクに入っていた食用油をコンテナに移している間に海に落下

タンクローリーが岸壁から海に転落し、運転手の山田栄成さん(68)が死亡(兵庫県神戸市東灘区)

タンクローリーが岸壁から海に転落し、運転手の山田栄成さん(68)が死亡(兵庫県神戸市東灘区)


タンクローリーが岸壁から海に転落し、運転手の山田栄成さん(68)が死亡(兵庫県神戸市東灘区)

タンクローリーが岸壁から海に転落し、運転手の山田栄成さん(68)が死亡(兵庫県神戸市東灘区)

13日午後、神戸市東灘区でタンクローリーが岸壁から海に落ち、運転手の男性が死亡しました。

【記者】
「現場は倉庫などが立ち並ぶ岸壁です。タンクローリーの前方が水に浸かり、後ろのタイヤがひっかかってかろうじて止まっています」

13日午後0時半ごろ、神戸市東灘区で「トラックが海に落ちた」と付近を通行していた人から警察に通報がありました。

落ちたタンクローリーはタンクに入っていた食用油を近くのコンテナに移している間に海に落下したとみられています。

水中から運転手の山田栄成さん(68)が心肺停止の状態で発見され、現場で死亡が確認されました。

タンクローリーを停めていた場所は海の方に向かって緩い坂道になっていて、警察は山田さんがサイドブレーキをしっかりとかけないまま車を停車させ、誤って海に落ちた可能性があるとみて事故の原因を調べています。

関西テレビ 2017/12/13(水)

神戸市東灘区で、タンクローリーが岸壁から海に転落し、運転手の男性(68)が死亡するという事故が起きました。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。