パトカー追跡後ひき逃げ事故を起こし逮捕の大泉良子容疑者、覚せい剤使用容疑でも捜査(東京都八王子市)

「怖くなって逃げた」と容疑を認めている

不審な動きをする同容疑者の車を追跡していたが、見失っていた

patrol_car_img

 男性に重体を負わせるひき逃げ事故を起こしたとして、警視庁八王子署は12日、道交法違反(ひき逃げ)容疑などで、東京都日野市程久保、無職大泉良子容疑者(55)を逮捕した。

 事故の直前に、同庁自動車警ら隊が不審な動きをする同容疑者の車を追跡していたが、見失っていた。

 逮捕容疑は7月21日午後6時20分ごろ、八王子市大和田町の路上で軽自動車を運転中、自転車に乗っていた同市の会社員男性(48)と衝突。脳挫傷などのけがをさせ、逃走した疑い。

 八王子署によると、男性は今も意識不明のまま入院中。大泉容疑者は「怖くなって逃げた」と容疑を認めている。

 地域総務課によると、パトロール中の自動車警ら隊員が大泉容疑者の車を発見したのは事故の約6分前。職務質問しようとしたが停車せず、約1.5キロ追跡。

 見失った約4分後に事故が起きた。佐藤正春課長は「追跡を打ち切った後の事故で、対応に問題はなかった」と話している。

 大泉容疑者をめぐっては、八王子署が事故前に覚せい剤取締法違反(使用)容疑で捜査し、逮捕状を請求。

 翌22日に居場所が判明し、同容疑で逮捕していた。

(時事通信 2016年8月12日)

大泉容疑者は「怖くなって逃げた」と容疑を認めているとのことですが、男性は今も意識不明のまま入院中ですので、救護していたらと考えてしまいます。

今後の詳しい調査による事故の解明が待たれます。

バイク用ドライブレコーダー

バイク用 高性能 ドライブレコーダー