16歳の高校生がひき逃げされた事件で、藤崎亮容疑者(30)逮捕(東京都足立区)

男子生徒は、現在も意識不明の重体

「気が動転して、その場から逃げてしまった」と容疑を認めている

16歳の高校生がひき逃げされた事件で、藤崎亮容疑者(30)逮捕(東京都足立区)

16歳の高校生がひき逃げされた事件で、藤崎亮容疑者(30)逮捕(東京都足立区)

 東京・足立区で、16歳の高校生がひき逃げされた事件で、警視庁は、逃走していた男を逮捕した。

 会社員・藤崎亮容疑者(30)は、6月5日未明、足立区竹の塚で、白いワンボックスカーを運転中、高校1年の男子生徒(16)が乗った原付バイクと衝突し、ひき逃げした疑いが持たれている。

 男子生徒は、現在も意識不明の重体となっている。

 藤崎容疑者は、「気が動転して、その場から逃げてしまった」と容疑を認めている。

藤崎容疑者は、「気が動転して、その場から逃げてしまった」と言っているようですが、もし逃走しないで救護措置をとっていたら、原付バイクに乗っていた16歳の高校生の容態も違っていた可能性もありますので、やはり、ひき逃げするという行為は悪質に思えます。

今回、ドライブレコーダーなどに、藤崎容疑者の車が撮影されていたことで、犯行の証拠がはっきりとしていますので今後の捜査の手助けになるのではないでしょうか。

GPS内蔵 衝撃センサー搭載のドライブレコーダー

後方撮影も可能な2カメラ・常時録画のドライブレコーダー