交差点で、横断歩道を渡っていたとみられる40代くらいの男性が車にはねられる(栃木県足利市)

小型の車が南の方角に走り去るのを見た

「道路に男の人が倒れていて意識がない」と警察に通報

oudanhodou_img

 29日未明、栃木県足利市の交差点で、横断歩道を渡っていたとみられる男性が車にはねられ、意識不明の重体になっています。

 車はそのまま走り去り、警察はひき逃げ事件として捜査しています。

 29日午前0時半すぎ、栃木県足利市朝倉町の国道と市道が交わる交差点で、「道路に男の人が倒れていて意識がない」と通りかかった男性から警察に通報がありました。

 警察がかけつけたところ、横断歩道のすぐ脇に40代くらいとみられる男性が倒れていて、市内の病院に運ばれましたが、頭などを強く打っていて意識不明の重体になっています。

 現場はJR足利駅から南西に1キロ余り離れた店や住宅が建ち並ぶ地域にある見通しのよい交差点で、通報した男性はドンという音を聞いて音がした方向を見たところ、男性が倒れていて小型の車が南の方角に走り去るのを見たということです。

 警察は男性の身元の確認を急ぐとともに、ひき逃げ事件として逃げた車の行方を捜査しています。

(NHK NEWS WEB 2016年8月29日)

通報した男性はドンという音を聞いて音がした方向を見たところ、男性が倒れていて小型の車が南の方角に走り去るのを見たということで、今後の詳しい調査による事故の解明が待たれます。

防犯カメラ ★10秒前から録画

スマートフォン対応 高画質防犯カメラ