女性が顔や手首の骨を折る大けが、瀬野栞菜容疑者(25)ひき逃げの疑いで逮捕(山形県天童市)

50代の女性が右のほおや右手首の骨を折る大けが

現場から逃げた理由については「急いでいたから」と話している

kyukyu_img02

 3日朝、天童市の交差点で近くに住む50代の女性が車にはねられ顔や手首の骨を折る大けがをした事件で警察は、河北町に住む25歳の女をひき逃げなどの疑いで逮捕しました。

 女は容疑を認め、現場から逃げた理由については「急いでいたから」と話しているということです。

 逮捕されたのは河北町に住む給食センターの職員、瀬野栞菜容疑者(25)です。

 瀬野容疑者は、3日午前9時すぎ、天童市寺津の県道の交差点で横断歩道を 渡っていた近くに住む50代の女性を車ではねて右のほおや右手首の骨を折る大けがをさせ、そのまま現場から逃げたとして、ひき逃げと過失運転傷害の疑いが持たれています。

 警察は現場に残されていたヘッドライトのレンズカバーの破片などを手がかりに捜索したところ、およそ1時間半後、山形市内の駐車場で、ヘッドライトが壊れた白い軽乗用車が見つかり、持ち主の瀬野容疑者から任意で事情を聞いていました。

 その結果、容疑を認めたため、3日午後6時前に逮捕しました。

 現場から逃げた理由については「急いでいたから」と話しているということです。

(NHK NEWS WEB 2016年6月3日)

現場から逃げた理由については「急いでいたから」と話しているということで、あまりにもひどい理由にびっくりです。

被害者の女性は、右のほおや右手首の骨を折る大けがだったというのに救護もせずににげたとは悪質だと思います。

ルームミラー型2.7インチ液晶モニター搭載ドライブレコーダー

夜間暗視撮影 赤外線4灯搭載 GPS 高画質録画