小学生列5、6人の列に、守丘勝己容疑者(61)運転の車が突っ込む(兵庫県姫路市)

男子児童2人が重軽傷

現場の交差点に信号機はない

小学生列5、6人の列に、守丘勝己容疑者(61)運転の車が突っ込む

小学生列5、6人の列に、守丘勝己容疑者(61)運転の車が突っ込む

兵庫県姫路市で61歳の男が運転する車が登校中の小学生の列に突っ込み、男子児童2人が重軽傷を負いました。

 17日午前7時半すぎ、姫路市の交差点で集団登校をしていた小学生5、6人の列に軽乗用車が突っ込み、男子児童2人が骨折などのけがをしました。

警察は、車を運転していた姫路市の会社員・守丘勝己容疑者を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。

現場の交差点に信号機はなく、警察は事故の詳しい原因や状況を調べています。

テレビ朝日系(ANN)2017/ 1/17(火) 

現場は横断歩道のある交差点で、信号機はなかったという事ですが、登校時間帯は通学の小学生らに十分配慮した運転を心掛けたいものです。

信号機を設置すべき場所なのか、事故の詳しい原因や状況が待たれます。

骨折した男子児童2人の回復を願います。