女性(58)が乗用車にはねられ重傷を負ったひき逃げ事件で、若林雄嗣容疑者(45)を逮捕(大阪府大阪市平野区)

「前をしっかり見ていなかった。家族や仕事のことを考えて逃げた」

はねられた女性は、右脚の骨を折る重傷

女性(58)が乗用車にはねられ重傷を負ったひき逃げ事件で、若林雄嗣容疑者(45)を逮捕(大阪府大阪市平野区)

女性(58)が乗用車にはねられ重傷を負ったひき逃げ事件で、若林雄嗣容疑者(45)を逮捕(大阪府大阪市平野区)

 今月7日、大阪市平野区の国道で58歳の女性が乗用車にはねられ重傷を負ったひき逃げ事件で、警察は45歳の会社員の男を逮捕しました。

 ひき逃げなどの疑いで逮捕されたのは大阪府八尾市の会社員・若林雄嗣容疑者(45)です。

警察によりますと、若林容疑者は今月7日の午後9時前、大阪市平野区の国道25号で平野区内に住む58歳の女性を乗用車ではね右脚の骨を折る重傷を負わせたにもかかわらず、救護せずに逃走した疑いがもたれています。

女性が持病の発作で横断歩道に倒れていたところに、若林容疑者の車が接触したということです。

 現場付近の防犯カメラなどから若林容疑者の関与が浮上したということで、取り調べに対して「前をしっかり見ていなかった。家族や仕事のことを考えて逃げた」と容疑を認めているということです。

MBSニュース 2017/12/12(火)

大阪市平野区の国道で、女性(58)が乗用車にはねられ重傷を負ったひき逃げ事件で、男(45)を逮捕したとのことです。

けがをされた方の回復をお祈りします。