広島自動車道下り線で18台絡む玉突き事故(広島市安佐南区)

雪でスリップしたことが原因だとみられている

大型トラックに軽乗用車が衝突したところへ、後続の車両が衝突

広島自動車道下り線で18台絡む玉突き事故(広島市安佐南区)

広島自動車道下り線で18台絡む玉突き事故(広島市安佐南区)

全国で大雪による事故などが相次いだ15日、広島市の高速道路で車18台が絡む玉突き事故があり、6人がけがをしました。

雪でスリップしたことが原因だとみられています。

事故があったのは、広島市・安佐南区の広島自動車道・下り線です。

 警察によりますと、15日午後7時すぎ、大型トラックに軽乗用車が衝突したところへ、後続の車両が次々に衝突。
あわせて18台が絡む事故となりました。

この事故で6人がけがをしましたが、いずれも軽傷だということです。事故処理のため、現場付近ではおよそ9時間にわたり通行止めとなりました。

 事故当時、路面には積雪があり、警察は最初に衝突した軽乗用車が雪でスリップしたとみて、事故の原因を詳しく調べています。

TBS系(JNN)2017/1/16(月)

この日は、広島市内でも15cmの積雪になりました。

事故の原因は軽乗用車が雪でスリップした事のようですが、雪上の急ブレーキ・急ハンドルは厳禁です。

車間距離を十分にとることで、後続のトラックなども事故を回避できたのではないでしょうか。

雪道では日頃より多めの車間距離を心掛けたいものです。

怪我をされた方々の快復を願います。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ミラー型 ドライブレコーダーセット バックカメラ

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

バックセンサー パーキングセンサー