「萌美保育園」送迎バスと軽乗用車が衝突、バスが弾みで横転、女性保育士があばら骨を骨折、園児は打撲やすり傷、背中を切るけが(埼玉県上里町)

現場は見通しのいい十字路交差点

速度規制はなく、中央線や一時停止の標識、信号機もなかった

「萌美保育園」送迎バスと軽乗用車が衝突、バスが弾みで横転、女性保育士があばら骨を骨折、園児は打撲やすり傷、背中を切るけが(埼玉県上里町)

「萌美保育園」送迎バスと軽乗用車が衝突、バスが弾みで横転、女性保育士があばら骨を骨折、園児は打撲やすり傷、背中を切るけが(埼玉県上里町)

 8日午前7時55分ごろ、埼玉県上里町嘉美の町道交差点で、「萌美保育園」(同町金久保)の送迎バスと軽乗用車が衝突し、バスが弾みで横転した。

 バスに乗っていた園児11人と女性保育士(46)の計12人がけがを負った。いずれも命に別条はなかった。

 本庄署によると、現場は見通しのいい十字路交差点で、幅員がそれぞれ4メートル。速度規制はなく、中央線や一時停止の標識、信号機もなかった。

 上里町の男性会社員(34)が運転する軽乗用車の前部と上里町の男性保育士(31)が運転する送迎バスの右側後方部が交差点中央付近で衝突。

 バスは約20メートル通り過ぎた地点で進行方向と逆になり、左側面を下にして畑に突っ込んだ。

 現場に急ブレーキ痕などは残っていなかった。

 同署や保育園によると、バスは18人乗り。運転手のほか、女性保育士と4~6歳の男児7人と女児4人が乗っていた。

 園児らが病院に搬送され、3人が打撲やすり傷などのけが。3人のうち4歳男児が割れたガラスで背中を切るけがを負った。

 女性保育士はあばら骨を骨折した。

 バスは朝の送迎中で、男性保育士は普段と同じ道を走行していた。同署で事故原因を調べている。

 近所の住民などによると、現場周辺は畑に囲まれ、普段は車があまり通らない道路。

 付近の男性(65)は「次にうちの4歳の孫が乗る予定だった。あまり車が通る道ではないだけにびっくりした。大きいけがではなかったようだが、心配だ」と話していた。

(埼玉新聞 2016年11/8

バスは朝の送迎中で、男性保育士は普段と同じ道を走行していたとのことですが、なにがあったのでしょうか・・・。今後の詳しい調査による事故の解明が待たれます。

防犯カメラ ★10秒前から録画

スマートフォン対応 高画質防犯カメラ