遮断機下りていたのに・・・電車に衝突、車が川に転落(香川県高松市)

踏切で電車が車と衝突し川に車が転落して女性がけが

電車は停車し、乗客も橋の上で 電車から降りました

遮断機下りていたのに・・・電車に衝突、車が川に転落(香川・高松)

遮断機下りていたのに・・・電車に衝突、車が川に転落(香川・高松)

 21日昼前、高松市のことでん=高松琴平電気鉄道の踏切で電車が車と衝突し、踏切の横を流れる川に車が 転落して運転していた女性がけがをしました。

 電車の乗客や乗員にはけがはありませんでしたが、電車は川にかかる橋の上に40分ほど停車し、乗客も橋の上で 電車から降りました。

 21日午前11時半ごろ、高松市東山崎町のことでん長尾線の踏切で、長尾発、高松築港行きの2両編成の電車が車と衝突しました。

 この事故で、車は踏切の横を流れる春日川に転落し、運転していた60代の女性が消防に救助されました。警察によりますと、女性は軽傷とみられ、意識ははっきりしているということです。

 電車には乗客30人と乗員が乗っていましたが、けがはありませんでした。

 事故の後、電車は踏切の先の春日川にかかる橋の上で緊急停車したため、乗客も正面部分にあるドアから電車を降りたということです。

 事故の影響で、ことでん長尾線は現場付近で40分余りにわたって運転を見合わせました。

 現場は川沿いを走る道路と単線の線路が交差する警報機と遮断機のある踏切で、警察が事故の状況や原因を調べています。

(NHK NEWS WEB 2月21日

 

遮断機下りていたようですので、軽乗用車が踏切に突っ込んだのでしょうか?重傷になるような方が出なくて不幸中の幸いだったと思います。

GPS内蔵 衝撃センサー搭載のドライブレコーダー

後方撮影も可能な2カメラ・常時録画のドライブレコーダー