【ひき逃げ逮捕】高齢男性が意識不明の重体で発見(兵庫県加古川市)

コンビニの防犯カメラの映像から大型トラックを特定

容疑者は、「道に寝ている人をひいた」と供述している。

【ひき逃げ逮捕】高齢男性が意識不明の重体で発見(兵庫県加古川市)

【ひき逃げ逮捕】高齢男性が意識不明の重体で発見(兵庫県加古川市)

 兵庫県加古川市の県道で6日未明、高齢男性が意識不明の重体で発見された事件で、兵庫県警加古川署などは同日、道交法違反(ひき逃げ)などの容疑で広島県福山市駅家町法成寺、トラック運転手、市川真二容疑者(43)を逮捕した。

 市川容疑者は容疑を認め、「道に寝ている人をひいた」と供述している。また、 同署は重体の男性は近くに住む無職、佐藤通夫さん(73)と発表した。

 逮捕容疑は6日午前0時半ごろ、同市別府(べふ)町別府の県道で大型トラックを運転中、佐藤さんをはね、そのまま逃走したとしている。

 加古川署によると、近くのコンビニの防犯カメラの映像などから大型トラックを特定したという。

(産経新聞 2016年4月6日)

このひき逃げ事故、4月6日の未明に起こっていたようです。

 6日未明、兵庫県加古川市の路上で70歳くらいの男性が血を流した状態で倒れているのが見つかりました。

 警察は、ひき逃げ事件とみて捜査しています。

 午前0時半ごろ、加古川市別府町の県道で「人が血を流して倒れている」と通行人が警察に通報しました。

 警察官が駆けつけたところ、男性が頭から血を流して路上にあおむけに倒れていました。

 男性は病院に運ばれましたが、意識不明の重体です。

 持っていた免許証などから、近くに住む70代の一人暮らしの男性と見られていて、警察が確認を急いでいます。

 男性の頭と足首に車にひかれたような跡があることから、警察はひき逃げ事件として捜査、近くの防犯カメラの映像の分析などを進めています。

(毎日放送 2016年4月6日)

容疑者の供述通り、「道に寝ている人をひいた」ということであれば、時間帯も未明ですし、ちょっとわかりにくかったのではないでしょうか。

実際のところ、防犯カメラなどがあるので、どうだったのか特定できればいいのですが、どこまでカメラが撮影しているかですね。

ルームミラー型2.7インチ液晶モニター搭載ドライブレコーダー

夜間暗視撮影 赤外線4灯搭載 GPS 高画質録画