「お菓子の工房 だいちとくるみ」に軽乗用車が突っ込む(東京都稲城市)

駐車しようとしたらアクセルとブレーキを踏み間違えた

ショーケースが大破したほか、女性店員(30代)が左足に軽傷

「お菓子の工房 だいちとくるみ」に軽乗用車が突っ込む(東京都稲城市)

「お菓子の工房 だいちとくるみ」に軽乗用車が突っ込む(東京都稲城市)


「お菓子の工房 だいちとくるみ」に軽乗用車が突っ込む(東京都稲城市)

「お菓子の工房 だいちとくるみ」に軽乗用車が突っ込む(東京都稲城市)

1日正午過ぎ、東京・稲城市の菓子店で、50代の男性が運転する軽乗用車が外壁を突き破り、店内に突っ込みました。

 事故当時、店内に客はいませんでしたが、ケーキが並べられたショーケースが大破したほか、女性店員(30代)が左足に軽傷を負いました。

 運転手の男性は「駐車しようとしたらアクセルとブレーキを踏み間違えた」と話しているということで、警視庁が事故の原因を詳しく調べています。

TBS系(JNN) 2017/3/1(水)

東京都稲城市の「お菓子の工房 だいちとくるみ」で、50代の男性が運転する軽乗用車が外壁を突き破り店内に突っ込み、女性店員(30代)が左足に軽傷を負いました。

お店は営業できていないようですが、電話での予約はできるみたいです。

一刻も早い、お店の復旧をお祈りしています。