【山陽道トンネル事故】居眠り運転し追突事故で2人を死亡させたトラック運転手・皆見成導被告(33)懲役4年の判決(広島県東広島市)

山陽自動車道を時速80キロで走行中に居眠り運転

以前の記事の続報です。
>>【山陽道トンネル事故】2人死亡約70人負傷…車5台炎上、黒煙が激しく上がり現場騒然
>>【山陽道トンネル事故】フィリピン出身?トラック運転手を過失運転致死の疑いで逮捕

トンネル内で渋滞中の車に次々と衝突、2人が死亡、8人がケガ

【山陽道トンネル事故】フィリピン出身?トラック運転手を過失運転致死の疑いで逮捕

【山陽道トンネル事故】フィリピン出身?トラック運転手を過失運転致死の疑いで逮捕

 
 今年3月に広島県の高速道路で起きた追突事故で、2人を死亡させるなどしたトラック運転手に懲役4年の判決が言い渡された。

 判決を受けたのは埼玉・越谷市のトラック運転手・皆見成導被告(33)。

 判決によると、皆見被告は今年3月、広島県の山陽自動車道を時速80キロで走行中に居眠り運転し、トンネル内で渋滞中の車に次々と衝突。2人が死亡、8人がケガをした。

 29日の判決公判で、広島地裁の丹羽芳徳裁判長は、「2人を死亡させた過失は重大」で「被害者には何の落ち度もなく、遺族の悲しみは深い」と指摘した。

 一方で、被告は会社から過酷な勤務を強いられており、責任のいったんは会社にもあるとして、皆見被告に懲役4年を言い渡した。

(TBS系(JNN) 3月18日)

以前の記事の続報です。
>>【山陽道トンネル事故】2人死亡約70人負傷…車5台炎上、黒煙が激しく上がり現場騒然
>>【山陽道トンネル事故】フィリピン出身?トラック運転手を過失運転致死の疑いで逮捕

「2人を死亡させた過失は重大」で「被害者には何の落ち度もなく、遺族の悲しみは深い」と指摘したものの、被告は会社から過酷な勤務を強いられており、責任のいったんは会社にもあるとして、皆見被告に懲役4年を言い渡したとのことですが、2人死亡しているのに4年というのは・・・ちょっと考えさせられますね。

亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

GPS内蔵 衝撃センサー搭載のドライブレコーダー

後方撮影も可能な2カメラ・常時録画のドライブレコーダー