対向してきた車2台と衝突し、バイクを運転していた齋藤正さん(59)が死亡(三重県伊勢市)

片側1車線のはみ出し禁止のセンターラインがある道路

バイクが左カーブで対向してきた乗用車と接触した後、乗用車の後ろから走ってきた軽自動車と正面衝突

対向してきた車2台と衝突し、バイクを運転していた齋藤正さん(59)が死亡(三重県伊勢市)

対向してきた車2台と衝突し、バイクを運転していた齋藤正さん(59)が死亡(三重県伊勢市)

 2日午前、三重県伊勢市の県道で、オートバイが対向してきた車2台とぶつかる事故があり、運転していた男性が死亡した。

 事故があったのは、伊勢市宇治館町の県道。

警察によると、2日午前7時40分ごろ、走行中のオートバイが左カーブで対向してきた乗用車と接触した後、乗用車の後ろから走ってきた軽自動車と正面衝突した。

この事故で、オートバイを運転していた伊勢市小俣町の団体職員・齋藤正さん(59)が腹などを強く打ち搬送先の病院で死亡が確認された。

乗用車と軽自動車を運転していた男性にけがはなかった。

 現場は、片側1車線のはみ出し禁止のセンターラインがある道路で、警察は、事故の詳しい原因を調べている。

中京テレビ 2017/9/3(日)

三重県伊勢市の県道で、バイクが対向してきた車2台とぶつかる事故があり、運転していた男性が死亡したとのことです。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。