高校3年の男子生徒が運転する軽自動車が大型トラックと正面衝突し死亡(茨城県石岡市)

男子生徒が何らかの理由でセンターラインをはみ出した

男子生徒は先月に運転免許を取得し、1日に高校の卒業式を終えた

高校3年の男子生徒が運転する軽自動車が大型トラックと衝突し死亡(茨城県石岡市)

高校3年の男子生徒が運転する軽自動車が大型トラックと正面衝突し死亡(茨城県石岡市)

茨城県で高校3年の男子生徒が運転する軽自動車が大型トラックと衝突し、男子生徒は死亡しました。

 13日午前4時前、茨城県石岡市の国道6号で、市内に住む高校3年の男子生徒が運転する軽自動車が対向車線を走ってきた10トントラックと正面衝突しました。

男子生徒は搬送先の病院で死亡が確認されました。

現場は片側1車線の直線道路で、警察はトラックの運転手が「対向車が車線をはみ出してきた」と話していることや現場の状況などから、男子生徒が何らかの理由でセンターラインをはみ出したとみています。

男子生徒は先月に運転免許を取得し、1日に高校の卒業式を終えたばかりでした。

テレビ朝日系(ANN) 2017/3/13(月)

高校3年の男子生徒が運転する軽自動車が大型トラックと衝突し死亡するという事故が起きました。

男子生徒が何らかの理由でセンターラインをはみ出したとのことです。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。