信号機のある横断歩道を、自転車で横断していた高校生の八柳怜奈さん(17)が、軽自動車にはねられる(北海道岩見沢市)

軽自動車を運転していた山本勇容疑者(67)を現行犯逮捕

山本容疑者が信号を見落とした可能性がある

信号機のある横断歩道を、自転車で横断していた高校生の八柳怜奈さん(17)が、軽自動車にはねられる(北海道岩見沢市)

信号機のある横断歩道を、自転車で横断していた高校生の八柳怜奈さん(17)が、軽自動車にはねられる(北海道岩見沢市)

 9月26日朝、北海道岩見沢市の国道で信号機のある横断歩道を、自転車で横断していた女子高生が、軽自動車にはねられました。

 事故があったのは、岩見沢市2条東15丁目の国道12号線の信号機のある横断歩道です。

 26日午前7時前、自転車で横断していた岩見沢市の高校生八柳怜奈さん(17)が、右からきた軽自動車にはねられました。

 八柳さんは、頭を打ち病院に運ばれて手当を受けています。

 警察は、車を運転していた岩見沢市の大工、山本勇容疑者(67)を過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕しました。

 警察は、山本容疑者が信号を見落とした可能性があるとみて、事故の原因を調べています。

UHB 北海道文化放送 2017/9/26(火)

北海道岩見沢市の国道で信号機のある横断歩道を、自転車で横断していた女子高生が、軽自動車にはねられけがを負ったとのことです。

怪我をされた女子高生の回復をお祈りします。