自転車に乗っていた男性を軽トラックではねて逃走した疑いで森勇容疑者(79)逮捕(富山市茶屋町)

「交通事故を起こした覚えはない」と、容疑を否認

自転車で横断歩道を渡っていた男性をひき逃げなどの疑い

 12日、富山市で、自転車に乗っていた男性が、軽トラックにはねられ大けがをしたひき逃げ事件で、富山西警察署は、14日までに、79歳の男を逮捕しました。

 男は、「交通事故を起こした覚えはない」と、容疑を否認しています。

 13日、ひき逃げなどの疑いで逮捕されたのは、富山市西金屋(にしかなや)の造園業・森勇(もり・いさむ)容疑者です。

 警察によりますと、森容疑者は、12日午後5時25分ごろ、富山市茶屋町(ちゃやまち)の県道交差点で、自転車で横断歩道を渡っていた男性を、自分が運転する軽トラックではね、そのまま逃走した疑いがもたれています。
 自転車の男性は、病院に運ばれましたが、左肩の骨を折るなど重傷です。
 森容疑者は、警察の調べに対し、事故現場を通ったことは認めていますが、「交通事故を起こした覚えはない」と、容疑を否認しているということです。

(チューリップテレビ 2016年12/14