十字路で直進してきた乗用車と右折しようとした乗用車が衝突、医師・森本浩之さん(35)死亡(千葉県柏市)

現場は見通しのいい道路だということです

警察は右折しようとした乗用車が安全確認を怠った可能性

koutujiko_img

 22日夜、千葉県柏市で乗用車同士が衝突し、35歳の医師の男性が死亡、20代とみられる男性が重傷です。

 22日午後10時すぎ、柏市小青田の十字路で直進してきた乗用車と右折しようとした乗用車が衝突しました。

 この事故で右折しようとした乗用車を運転していた柏市の医師・森本浩之さん(35)が、病院に運ばれましたが死亡が確認されました。

 直進してきた乗用車を運転していた20代とみられる男性もろっ骨を折るなどの重傷です。

 現場は見通しのいい道路だということですが、警察は右折しようとした乗用車が安全確認を怠った可能性があるとみて、事故の詳しい原因を調べています。

(TBS系(JNN)2016年 10月23日)

警察は右折しようとした乗用車が安全確認を怠った可能性があるとみて、事故の詳しい原因を調べているということで、今後の詳しい調査による事故の解明が待たれます。

GPS内蔵 衝撃センサー搭載のドライブレコーダー

後方撮影も可能な2カメラ・常時録画のドライブレコーダー