乗用車と軽乗用車が出合い頭に衝突、秋山理恵さん(43)と中学3年生の長男、瑠星さん(15)死亡(山梨県甲府市)

現場は信号のある交差点

親子2人が頭などを強く打ち死亡、乗用車の同乗者1人も軽傷

 15日午後10時45分ごろ、甲府市国玉町の市道交差点で、乗用車と軽乗用車が出合い頭に衝突した。

 軽乗用車の親子2人が頭などを強く打ち死亡、乗用車の同乗者1人も軽傷を負った。山梨県警南甲府署が事故原因を調べている。

 同署によると、亡くなったのは、甲府市国玉町、パート従業員、秋山理恵さん(43)と後部座席に乗っていた中学3年の長男、瑠星さん(15)。

 乗用車には3人が乗っており、後部座席の少女(18)=同県笛吹市=が顔などに軽傷を負った。現場は信号のある交差点。

(毎日新聞 2016年12/16【滝川大貴】)

 15日午後10時45分頃、甲府市国玉町の市道交差点で、軽乗用車と乗用車が出合い頭に衝突し、軽乗用車を運転していた同所のパート従業員、秋山理恵さん(43)と、同乗していた息子の中学3年、瑠星(りゅうせい)君(15)の2人が頭を強く打ち死亡した。

 乗用車の後部座席にいた山梨県笛吹市の自称アルバイト女性(18)が顔に軽いけがをした。

 南甲府署の発表によると、現場は信号機のある十字路で、事故当時、乗用車側が黄点滅、軽乗用車側が赤点滅だったという。

(読売新聞 2016年12/16

市道交差点で、乗用車と軽乗用車が出合い頭に衝突したとのことですが、現場は信号のある交差点だったということですので、今後の詳細な調査による事故の解明が待たれます。

亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。