乗用車どうしが出合い頭に衝突 18歳の少年2人死亡(石川県能美市)

住宅街を通る片側1車線の市道どうしが交わる交差点

少年が運転していた乗用車のほうの信号は点滅する赤だった

乗用車どうしが出合い頭に衝突 18歳の少年2人死亡(石川県能美市)

乗用車どうしが出合い頭に衝突 18歳の少年2人死亡(石川県能美市)

9日夜遅く、石川県能美市の市道の交差点で乗用車どうしが衝突する事故があり、18歳の少年2人が死亡しました。

9日午後11時半ごろ、石川県能美市大浜町の市道の交差点で、乗用車どうしが出合い頭に衝突しました。

この事故で、いずれも能美市に住む会社員の西山勇大さん(18)と松井駿太さんが(18)が頭を強く打って死亡しました。

また、2人が乗っていた乗用車を運転していた18歳の少年や、もう一方の乗用車の運転手など合わせて3人がけがをしました。

現場は能美市内の住宅街を通る片側1車線の市道どうしが交わる交差点で、警察によりますと、当時、少年が運転していた乗用車のほうの信号は点滅する赤だったということです。

少年が運転していた乗用車にはいずれも18歳の同級生4人が乗っていたということで、警察が事故の詳しいいきさつを調べています。

(NHK NEWS WEB 4月10日)

少年が運転していた乗用車のほうの信号は点滅する赤だったということで、スピードの出しすぎだったのでしょうか。

また、運転していた少年ではなく、同乗していた少年二人が頭を強く打って死亡したようですので、後ろに乗っていてシートベルトをしていなかったのかもしれませんね。

亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

GPS内蔵 衝撃センサー搭載のドライブレコーダー

後方撮影も可能な2カメラ・常時録画のドライブレコーダー