バイクとワンボックス車が衝突、巡査部長の男性(33)が死亡、車を運転していた37歳の男性を逮捕(静岡市葵区)

男性は頭を強く打ち、搬送先の病院で死亡が確認された

片側2車線で、走行車線のワンボックス車とオートバイが接触

14日午後8時半ごろ、静岡市葵区牧ケ谷の国道1号静清バイパス上りで、ワンボックス車と静岡市葵区南、焼津署刑事課巡査部長の男性(33)のオートバイが衝突した。男性は頭を強く打ち、搬送先の病院で死亡が確認された。

 静岡中央署は同日、自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、ワンボックス車を運転していた静岡市清水区下野北、配管工の男(37)を現行犯逮捕した。

 同署によると、現場は片側2車線で、走行車線を走っていたワンボックス車とオートバイが接触したという。男性は勤務を終えて帰宅途中だった。同署は容疑を同法違反(過失致死)に切り替えて調べる。

 事故の影響で、国道1号静清バイパス上りの丸子インターチェンジ(IC)―牧ケ谷IC間を通行止めにした。

(@S[アットエス] by 静岡新聞 2016年12/15

現場は片側2車線で、走行車線を走っていたワンボックス車とオートバイが接触したということですが、今後の詳細な調査による事故の解明が待たれます。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

バイク用ドライブレコーダー

バイク用 高性能 ドライブレコーダー