酒気帯び状態で車を運転し、当て逃げ事故を起こしたとして巡査部長・佐々木崇志容疑者(37)逮捕(栃木県佐野市)

「自宅で1人で缶チューハイを数本飲んだ」

「追突はハンドル操作で回避できたと思っていた」と話している

police_img

 

 酒気帯び状態で車を運転し、当て逃げ事故を起こしたとして、栃木県警佐野署は15日、道交法違反(酒気帯び運転・事故不申告)容疑で、同署刑事課の巡査部長、佐々木崇志容疑者(37)=同県佐野市堀米町=を逮捕した。

 容疑を認め「自宅で1人で缶チューハイを数本飲んだ」などと話しているという。けが人はいなかった。

 逮捕容疑は、14日午後5時40分ごろ、同市の市道で酒気帯び状態で車を運転。30代主婦が運転する車に追突してそのまま逃走した疑い。

 県警監察課によると、事故の後、現場付近のコンビニにいた同容疑者を主婦が発見し、同乗していた夫が通報した。

 駆け付けた同署員が酒の臭いに気付き呼気検査をしたところ、基準値を上回るアルコールが検出された。

 14日は休日で、自宅で飲酒後に1人でコンビニに買い物に行く途中だったという。

 双方の車はバンパーなどが損傷していたが、同容疑者は当て逃げについて「追突はハンドル操作で回避できたと思っていた」と話しているという。

 赤坂浩・栃木県警首席監察官の話 誠に遺憾。事実関係を調査し、厳正に対処する。 

(時事通信 2016年11/15

「自宅で1人で缶チューハイを数本飲んだ」とのことですが、「追突はハンドル操作で回避できたと思っていた」と話しているということで、今後の詳しい調査による事故の解明が待たれます。