介護施設の送迎用の車が縁石に衝突し菊川富香さん(91)と川又健太郎さん(92)死亡(愛媛県今治市)

歩道と車道を区切る縁石に衝突

この記事の続報あります。
>>介護サービス利用の高齢者ら男女7人死傷事故、運転していた介護士・田坂栄一容疑者(64)逮捕(愛媛県今治市)

センターラインを越えて反対車線のコンクリート製の縁石に衝突

jisonjiko_img

 5日午前、愛媛県今治市で介護施設の送迎用の車が歩道と車道を区切る縁石に衝突して、乗っていた90代の男女2人が死亡し、3人が大けがをしました。

 5日午前10時前、愛媛県今治市の市道で、市内の済生会今治第二病院が運営する介護施設の送迎用の車が、センターラインを越えて反対車線のコンクリート製の縁石に衝突しました。

 警察によりますと、車にはデイサービスの利用者5人を含む、合わせて7人が乗っていましたが、この事故で、いずれもサービスを利用している菊川富香さん(91)と川又健太郎さん(92)の2人が体を強く打ち、病院に搬送されましたが死亡しました。

 また、81歳から90歳の女性3人も腕や足の骨を折るなどの大けがをして、病院で手当を受けています。

 調べによりますと、運転していたのは64歳の施設の男性職員で、利用者を自宅まで迎えに行き、施設へ向かう途中だったということです。

 現場は片側1車線の見通しのよい直線で、警察は過失運転致死傷の疑いもあると見て、男性職員から事情を聴くなど詳しい状況を調べています。

 済生会今治第二病院の堀池典生院長は「事故を起こし、大変申し訳ないというひと言に尽きます。今後は安全運転の徹底を図っていきたい」と話していました。

(NHK NEWS WEB 2016年9月5日)

この記事の続報あります。
>>介護サービス利用の高齢者ら男女7人死傷事故、運転していた介護士・田坂栄一容疑者(64)逮捕(愛媛県今治市)

介護施設の送迎用の車が、センターラインを越えて反対車線のコンクリート製の縁石に衝突したということですが、いったいなにがあったのでしょうか?今後の詳しい調査による事故の解明が待たれます。

アラームで知らせるバックセンサー

バックセンサー&モニターセット