「覚醒剤を打ったのがばれるのが嫌で逃げた」乗用車やバイク、タクシーなど計5台に大熊美弘容疑者(29)運転のワゴン車が次々と追突(大阪市堺市)

現場の南約200メートルの国道26号で西堺署員が発見

信号待ちをしていた乗用車やバイク、タクシーなど計5台

jisonjiko_img

 1日午後8時50分ごろ、堺市西区浜寺船尾町西5丁の大阪府道で、信号待ちをしていた乗用車やバイク、タクシーなど計5台に、ワゴン車が次々と追突したり接触したりした。

 乗用車の50代の男女2人が軽傷。

 ワゴン車の男は徒歩で逃げたが、約1時間後、現場の南約200メートルの国道26号で西堺署員が発見した。さらに逃走しようとしたが、乗用車にはねられ軽傷。

 署によると、男は大阪市旭区赤川2丁目、自称電気設備業の大熊美弘容疑者(29)。

 署は2日、道路交通法違反(ひき逃げ)と自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで逮捕し、発表した。

 大熊容疑者は「覚醒剤を打ったのがばれるのが嫌で逃げた」と話しているという。

 署は覚醒剤取締法違反(使用)の疑いでも捜査する。

(朝日新聞デジタル 2016年11/2

大阪府道で、信号待ちをしていた乗用車やバイク、タクシーなど計5台に、ワゴン車が次々と追突したり接触したりしたとのことですが、怖い事故ですね・・・今後の詳しい調査による事故の解明が待たれます。