パトカーが会社員の女性(20)が運転するオートバイと衝突(京都府亀岡市)

女性は転倒し、左肘や左太ももなどに軽傷

パトカーは地域課の男性巡査部長(30)が運転

パトカーが会社員の女性(20)が運転するオートバイと衝突(京都府亀岡市)

パトカーが会社員の女性(20)が運転するオートバイと衝突(京都府亀岡市)

30日午後11時ごろ、京都府亀岡市余部町大塚の国道9号で、左折しようとした亀岡署のパトカーが後方から走行してきた同市の会社員の女性(20)が運転するオートバイと衝突した。

女性は転倒し、左肘や左太ももなどに軽傷を負った。

 同署によると、パトカーは地域課の男性巡査部長(30)が運転しており、巡回のため国道沿いのコンビニの駐車場に入るところだったという。

秋山邦弘副署長は「交通事故防止に努めるよう、指導を徹底する」としている。

京都新聞 2017/1/31(火)

京都府亀岡市余部町大塚の国道9号で、左折しようとした亀岡署のパトカーが後方から走行してきた同市の会社員の女性(20)が運転するオートバイと衝突するという事故が起きました。

女性は転倒し、左肘や左太ももなどに軽傷を負いました。

怪我をされた方の回復をお祈りします。