対向車線側のガードレールに衝突し、オートバイを運転していた吉井英洋さん(52)が死亡(高知県香美市)

吉井さんは知りあいの男性3人とツーリング中だった

事故当時は最後尾を走っており、現場は片側1車線の左カーブで周囲に信号や街灯などはなかった

対向車線側のガードレールに衝突し、オートバイを運転していた吉井英洋さん(52)が死亡(高知県香美市)

対向車線側のガードレールに衝突し、オートバイを運転していた吉井英洋さん(52)が死亡(高知県香美市)

2日夜、高知県香美市の県道で、50代の男性が運転するオートバイがガードレールに衝突し、男性は頭を強く打って死亡しました。

2日午後9時20分ごろ、香美市土佐山田町逆川の県道で、オートバイが車線をはみ出し対向車線側のガードレールに衝突しました。

この事故で、オートバイを運転していた高知市朝倉西町の会社員吉井英洋さん(52)が、頭を強く打って高知市内の病院に運ばれましたが、およそ1時間半後に死亡が確認されました。

警察によりますと、吉井さんは知りあいの男性3人とツーリングをしていて、事故当時は最後尾を走っていたということです。

現場は片側1車線の左カーブで周囲に信号や街灯などはないということで、警察が事故の原因を詳しく調べています。

NHK NEWS WEB 2017/12/3(日)

対向車線側のガードレールに衝突し、オートバイを運転していた男性(52)が死亡するという事故が起きました。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。