横断歩道を同級生2人と自転車で渡っていた、小学3年生の中沢愛瑠(あいる)さん(8)が軽乗用車にはねられ死亡(新潟県加茂市)

軽乗用車を運転していた、石川裕見子容疑者(62)を現行犯逮捕

現場は、加茂市前須田の主要地方道の交差点で、信号機のない横断歩道

横断歩道を同級生2人と自転車で渡っていた、小学3年生の中沢愛瑠(あいる)さん(8)が軽乗用車にはねられ死亡(新潟県加茂市)

横断歩道を同級生2人と自転車で渡っていた、小学3年生の中沢愛瑠(あいる)さん(8)が軽乗用車にはねられ死亡(新潟県加茂市)

  25日午後2時ごろ、加茂市前須田の主要地方道の交差点で、信号機のない横断歩道を同級生の女児2人とともに自転車で渡っていた同市後須田の小学3年、中沢愛瑠(あいる)さん(8)が直進してきた軽乗用車にはねられ、病院に運ばれたものの脳損傷などで死亡した。

 加茂署は、軽乗用車の同市加茂新田のパート従業員、石川裕見子容疑者(62)を自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで現行犯逮捕した。

容疑を過失運転致死に切り替え、詳しい状況を調べている。

産経新聞 2017/10/26(木)

加茂市の交差点で、横断歩道を同級生2人と自転車で渡っていた、小学3年生の児童(8)が軽乗用車にはねられ死亡するという事故が起きました。

亡くなられた児童のご冥福をお祈りいたします。