横断歩道を渡っていたところ軽乗用車にはねられ、石川直美さん(62)が意識不明の重体(石川県金沢市)

軽乗用車を運転していた、越野佳子容疑者(62)を逮捕

現場は片側二車線の見通しのよい直線道路で、横断歩道がある場所に信号はない

横断歩道を渡っていたところ軽乗用車にはねられ、石川直美さん(62)が意識不明の重体(石川県金沢市)

横断歩道を渡っていたところ軽乗用車にはねられ、石川直美さん(62)が意識不明の重体(石川県金沢市)

17日午前、金沢市中心部の国道で、横断歩道を渡っていた62歳の女性が軽乗用車にはねられ、意識不明の重体となっています。

警察は車を運転していた62歳の女を過失運転傷害の疑いで逮捕し、事故の原因を調べています。

17日午前9時ごろ、金沢市兼六元町の国道で、金沢市のアルバイト従業員、石川直美さん(62)が横断歩道を渡っていたところ、軽乗用車にはねられました。

この事故で、石川さんは病院に運ばれましたが、頭などを強く打っていて意識不明の重体となっています。

警察は、軽乗用車を運転していた金沢市の介護職員、越野佳子容疑者(62)を過失運転傷害の疑いでその場で逮捕しました。

警察の調べに対し越野容疑者は「横断歩道を歩いている人をひいたことに間違いない」と供述し、容疑を認めているということです。

現場は片側二車線の見通しのよい直線道路で、横断歩道がある場所に信号はないということで、警察は引き続き、事故の原因を調べています。

NHK NEWS WEB 2017/8/17(木)

金沢市中心部の国道で、横断歩道を渡っていた62歳の女性が軽乗用車にはねられ、意識不明の重体とのことです。

怪我をされた方の回復をお祈りします。