「カルガモ走行」前を走る車にくっついて料金を払わずETCをすり抜け、楫鉄平容疑者逮捕

前を走る車にくっついて料金を払わずETCをすり抜け

楫容疑者は「お金がなかったから突破した」と話している

「カルガモ走行」前を走る車にくっついて料金を払わずETCをすり抜け楫鉄平容疑者逮捕

「カルガモ走行」前を走る車にくっついて料金を払わずETCをすり抜け楫鉄平容疑者逮捕

 

「カルガモ走行」前を走る車にくっついて料金を払わずETCをすり抜け楫鉄平容疑者逮捕

「カルガモ走行」前を走る車にくっついて料金を払わずETCをすり抜け楫鉄平容疑者逮捕

 バイクで、前を走る車にくっついて料金を払わずにETCをすり抜ける、いわゆる「カルガモ走行」を繰り返していたとして、32歳の男が逮捕された。

 道路整備特別措置法違反の疑いで逮捕されたのは、建設作業員の楫鉄平容疑者。

 警視庁によると、楫容疑者は去年8月から9月にかけて、首都高で3回、ETCの車載機とカードを搭載していないバイクに乗って、前を走る車にくっついてETCをすり抜けた疑いがもたれている。

 楫容疑者は、こうした「カルガモ走行」を去年8月から約5か月で58回繰り返し、料金所のカメラにはいずれも楫容疑者の犯行が映っていたという。

 調べに対し、楫容疑者は「お金がなかったから突破した」と話しているという。

(日本テレビ系(NNN)2016年6月28日 )

 バイクで首都高速道路の自動料金受領システム(ETC)を不正に通過したとして、警視庁交通捜査課は道路整備特別措置法違反容疑で、東京都板橋区成増の建設作業員、楫(かじ)鉄平容疑者(32)を逮捕した。

 同課によると容疑を認め、「金がなかったので突破した」と話している。

 同課によると、楫容疑者は昨年8月から今年1月、車間距離を詰めて走る「カルガモ走行」と呼ばれる方法で、58回にわたり不正にETCを通過。計5万 3940円分の支払いを逃れようとした。

 特定されないようバイクのナンバープレートを折り曲げるなどしていたが、首都高のカメラなどから楫容疑者が浮かん だ。

 逮捕容疑は昨年8~9月、3回にわたり、バイクで板橋区の板橋本町料金所などを不正に通行したとしている。

 同法では、不正通行をした利用者に3倍の通行料金を徴収することになっている。同課は「必ず特定されるので、無理な走行はやめて」と呼びかけている。

(産経新聞 2016年6月28日)

楫鉄平容疑者のFacebook(フェイスブック)アカウント

かなり変わった名前ですし、同姓同名で、東京都 板橋区在住になっていたので本人だと思われます。
2016年6月28日現在、友だちは140人います。リア充ですね。また、出身は島根県 大田市となっていましたので、そちらの方面のお友達が多いようでした。

アラームで知らせるバックセンサー

バックセンサー&モニターセット