国道170号線の交差点で、軽乗用車など3台が絡む玉突き事故(大阪府河内長野市)

軽乗用車を運転していた神田正美さん(73)が死亡

助手席に乗っていた71歳の男性が意識不明の重体

国道170号線の交差点で、軽乗用車など3台が絡む玉突き事故(大阪府河内長野市)

国道170号線の交差点で、軽乗用車など3台が絡む玉突き事故(大阪府河内長野市)

4日正午すぎ、大阪・河内長野市原町の国道170号線の交差点で、軽乗用車など3台が絡む玉突き事故がありました。

警察によると73歳の女性が運転する軽乗用車が、信号待ちをしていた乗用車に追突し、そのはずみで乗用車が前方の軽貨物車にもぶつかったということです。

この事故で軽乗用車を運転していた神田正美さん(73)が死亡したほか、助手席に乗っていた71歳の男性が意識不明の重体です。

巻き込まれた2台の車には家族連れなど合わせて6人が乗っていましたが、いずれもケガはありませんでした。

現場は緩やかなカーブの下り坂から続く交差点で、警察は事故の詳しい原因を調べています。

関西テレビ 2017/5/5(金)

河内長野市原町の国道170号線の交差点で、軽乗用車など3台が絡む玉突き事故が起こりました。

この事故で、軽乗用車を運転していた73歳の女性が死亡したほか、助手席に乗っていた71歳の男性が意識不明の重体とのことです。

亡くなられた方のご冥福をお祈りすると共に、怪我をされた方の回復をお祈りします。

GPS内蔵 衝撃センサー搭載のドライブレコーダー

後方撮影も可能な2カメラ・常時録画のドライブレコーダー