自転車とバイクに乗っていた男性2人が乗用車にひき逃げされ、1人が死亡1人が大けがをした事件で、寺師大地容疑者(23)を逮捕(神奈川県川崎市川崎区)

自転車に乗っていた茂野正樹さん(45)が頭を強く打って死亡し、バイクに乗っていた40代の男性が大けが

「酒を飲んでいたことがばれるのが怖くて逃げてしまった」と供述

自転車とバイクに乗っていた男性2人が乗用車にひき逃げされ、1人が死亡1人が大けがをした事件で、寺師大地容疑者(23)を逮捕(神奈川県川崎市)

自転車とバイクに乗っていた男性2人が乗用車にひき逃げされ、1人が死亡1人が大けがをした事件で、寺師大地容疑者(23)を逮捕(神奈川県川崎市)

26日夜、川崎市の交差点で自転車とバイクに乗っていた男性2人が乗用車にはねられ、1人が死亡し、1人が大けがをした事故で、警察は現場から立ち去った乗用車を運転していた23歳の男をひき逃げなどの疑いで逮捕しました。

26日夜11時半すぎ、川崎市川崎区小川町の交差点で、自転車とバイクに乗っていた男性2人が乗用車にはねられ、自転車に乗っていた川崎市川崎区の茂野正樹さん(45)が頭を強く打って死亡し、バイクに乗っていた40代の男性が大けがをしていて病院で手当てを受けています。

乗用車は現場から立ち去り、200メートルほど離れた場所で放置されているのが見つかりましたが、警察はその後、事故を起こしたと名乗り出てきた川崎市川崎区の無職、寺師大地容疑者(23)を過失運転致死傷とひき逃げの疑いで逮捕しました。

寺師容疑者の呼気からはアルコールが検出されていて、調べに対し「酒を飲んでいたことがばれるのが怖くて逃げてしまった」と供述しているということです。

警察は飲酒運転の疑いでも詳しく調べることにしています。

NHK NEWS WEB 2017/10/27(金)

川崎市の交差点で自転車とバイクに乗っていた男性2人が乗用車にはねられひき逃げされ、1人が死亡1人が大けがをした事件で、無職の男(23)を逮捕したとのことです。

亡くなられた方のご冥福をお祈りすると共に、怪我をされた方の回復をお祈りします。