軽自動車同士が衝突する事故で、生後10か月の谷本真愛美ちゃん死亡(広島県福山市)

現場は片側1車線の交差点で信号機のない場所

車にはチャイルドシートが取り付けられていた

軽自動車同士が衝突する事故で、生後10か月の谷本真愛美ちゃん死亡(広島県福山市)

軽自動車同士が衝突する事故で、生後10か月の谷本真愛美ちゃん死亡(広島県福山市)

 広島県福山市で軽自動車同士が衝突する事故があり、車に乗っていた生後10か月の女の子の赤ちゃんが死亡した。

 事故があったのは福山市新涯町の交差点。4日午前7時55分頃、谷本美雪さん(25)が運転する軽自動車が女性(32)の運転する軽自動車と出会いがしらに衝突した。

 この事故で車に乗っていた谷本さんの娘、谷本真愛美ちゃん(生後10か月)が病院に運ばれたが、頭を強く打っており、約1時間後に死亡した。

 現場は片側1車線の交差点で信号機のない場所だったという。谷本さんは出勤途中で真愛美ちゃんを預けに向かっていたという。

 また、車にはチャイルドシートが取り付けられていたが、警察はチャイルドシートが正しく使われていたか調べるとともに事故原因を調べている。

(日テレニュース24 2017年1月4日)

現場は片側1車線の交差点で信号機のない場所だったという。谷本さんは出勤途中で真愛美ちゃんを預けに向かっていたということで、とてもお気の毒な事故だと思います・・・。

亡くなられた真愛美ちゃんのご冥福をお祈りいたします。

GPS内蔵 衝撃センサー搭載のドライブレコーダー

後方撮影も可能な2カメラ・常時録画のドライブレコーダー