軽トラックが道路脇の標識に衝突して道路の外側に飛び出し、山口良子さん(86)意識不明の重体(北海道えりも町)

標識に衝突したあと、道路の外側に飛び出す

片側1車線の直線道路で、路面は当時雨が降ってぬれていた

9日午前、日高のえりも町の国道を走っていた軽トラックが道路脇の標識に衝突したあと、道路の外側に飛び出す事故があり、乗っていた86歳の女性が意識不明の重体となっています。

警察によりますと、9日午前10時50分ごろ、えりも町庶野の国道336号線を走っていた軽トラックが道路脇の標識に衝突したあと、道路の外側に飛び出しました。

この事故で、軽トラックの助手席に乗っていた近くの山口良子さん(86歳)が帯広市の病院に搬送されましたが、意識不明の重体となっています。

また、軽トラックを運転していた山口さんの63歳の娘も頭や腕を打つけがをしました。

現場は片側1車線の直線道路で、路面は当時雨が降ってぬれていたということで、警察が事故の詳しい状況を調べています。

(NHK NEWS WEB 2016年12月9日)

片側1車線の直線道路で、路面は当時雨が降ってぬれていたということですが、今後の詳細な調査による事故の解明が待たれます。