信号機がない市道交差点で軽乗用車が出合い頭に衝突し代行運転業者ら3人死傷(群馬県館林市)

事故当時、代行運転業者のどちらが運転していたか不明

現場は信号機がなく、代行運転業者の車の側に一時停止標識

信号機がない市道交差点で軽乗用車が出合い頭に衝突し代行運転業者ら3人死傷(群馬県館林市)

信号機がない市道交差点で軽乗用車が出合い頭に衝突し代行運転業者ら3人死傷(群馬県館林市)

 8日午後11時半ごろ、群馬県館林市上早川田(かみさがわだ)町の市道交差点で、代行運転業者の軽乗用車と、栃木県足利市の会社員、青木美那子さん (37)の軽乗用車が出合い頭に衝突した。

 代行業者の車は横転し、車内にいた群馬県太田市の代行運転手、大関広美さん(43)が頭を強く打って搬送先の病院で死亡。

 同乗していた栃木県佐野市の代行運転手、菅原弘正さん(56)は車外に放り出されて近くの用水路に落ち、約4時間後、約1.3キロ下流で遺体で見つかった。青木さんはひざなどに軽傷を負った。

 県警館林署によると、現場は信号機がなく、代行運転業者の車の側に一時停止標識があった。事故当時、どちらが運転していたかは不明。

(毎日新聞 2016年7月9日【鈴木敦子】)

現場は信号機がなく、代行運転業者の車の側に一時停止標識があった。事故当時、どちらが運転していたかは不明とのことですので、今後の事故の詳細な捜査が待たれます。

亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

GPS内蔵 衝撃センサー搭載のドライブレコーダー

後方撮影も可能な2カメラ・常時録画のドライブレコーダー