警察官が92歳女性はね頭の骨を折る大けが(愛知県名古屋市)

見通しの良い直線道路で、信号機は設置されていない

巡査部長は 勤務中。「前を見ていなかった」と話している

警察官が92歳女性はね頭の骨を折る大けが(愛知県名古屋市)

警察官が92歳女性はね頭の骨を折る大けが(愛知県名古屋市)

 5日午前10時20分ごろ、名古屋市中村区太閤1の市道で、横断歩道を歩いていた同区の無職女性(92)が、愛知県警中村署地域課の男性巡査部長(60)のスクーターにはねられた。

 女性は頭の骨を折るなどの重傷、巡査部長も転倒し、頭部に軽傷を負った。

 同署によると、現場は見通しの良い直線道路で、信号機は設置されていなかった。

 横断歩道を渡り始めたところをスクーターにはねられたという。

 巡査部長は 勤務中。「前を見ていなかった」と話しているという。

 同署は自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いもあるとみて調べている。

 同署の後藤安彦副署長は「被害者とご家族に多大な被害とご心配をかけ、申し訳ない。早期回復を心より願っています」と話している。

【谷口拓未】(1月5日 毎日新聞)

 巡査部長は、勤務中だったようですし、信号機はなかっといえ、横断歩道は徐行しないといけなかったですよね・・・確か教習所でかなり厳しく教えられたような。巡査部長も一人の人間ですので、魔が差したのでしょうか・・・。92歳の女性は頭の骨を折る大けがのようですので、大丈夫でしょうか。心配です。

ルームミラー型2.7インチ液晶モニター搭載ドライブレコーダー

夜間暗視撮影 赤外線4灯搭載 GPS 高画質録画