酒を飲んで車を運転して事故を起こした大高一勢・友田圭寿馬被告に、執行猶予付きの有罪判決(帯広警察署)

交差点で衝突事故を起こし、現場から逃走

以前の記事の続報です
>>飲酒後、車で乗用車に衝突する事故を起こし逃走した帯広署巡査:大高一勢・友田圭寿馬容疑者逮捕
>>飲酒・当て逃げ巡査:大高一勢・友田圭寿馬容疑者「飲酒がばれるのが怖くて逃げた」(帯広警察署)

警察官で違法性があることを認識していて、酌量の余地はない

酒を飲んで車を運転して事故を起こした元警察官2人に、執行猶予付きの有罪判決(帯広警察署)

酒を飲んで車を運転して事故を起こした元警察官2人に、執行猶予付きの有罪判決(帯広警察署)

 酒を飲んで車を運転して事故を起こし、その後逃げた元帯広署の警察官2人に、執行猶予付きの有罪判決が言い渡されました。

 酒気帯び運転などの罪に問われているのは、元帯広署署員の大高一勢被告と友田圭寿馬被告の2人です。

 起訴状などによりますと2人は6月、酒を飲み乗用車を運転して帯広市内の交差点で衝突事故を起こし、現場から逃走しました。

 その後、事故で落ちた大高被告の車のナンバープレートを、飲酒した状態でそれぞれ自分の車で探しに行くなどしました。

 釧路地裁帯広支部の村田つかさ裁判官は、当時2人は警察官で違法性があることを認識していて、酌量の余地はないと述べ、執行猶予3年付きで大高被告に懲役1年2か月、友田被告に懲役10ヶ月の有罪判決を言い渡しました。

(北海道文化放送 2016年9月13日

以前の記事の続報です
>>飲酒後、車で乗用車に衝突する事故を起こし逃走した帯広署巡査:大高一勢・友田圭寿馬容疑者逮捕
>>飲酒・当て逃げ巡査:大高一勢・友田圭寿馬容疑者「飲酒がばれるのが怖くて逃げた」(帯広警察署)

当時2人は警察官で違法性があることを認識していて、酌量の余地はないと述べ、執行猶予3年付きで大高被告に懲役1年2か月、友田被告に懲役10ヶ月の有罪判決を言い渡したとのことで、警察官として恥ずべき行為だったのではないでしょうか・・・。