大型トラックと正面衝突し、軽トラックを運転していた東膳勇さん(55)が死亡(鹿児島県肝属郡肝付町)

現場は、肝付町岸良の国道448号

警察は軽トラックがセンターラインを越えたとみている

大型トラックと正面衝突し、軽トラックを運転していた東膳勇さん(55)が死亡(鹿児島県肝属郡肝付町)

大型トラックと正面衝突し、軽トラックを運転していた東膳勇さん(55)が死亡(鹿児島県肝属郡肝付町)


大型トラックと正面衝突し、軽トラックを運転していた東膳勇さん(55)が死亡(鹿児島県肝属郡肝付町)

大型トラックと正面衝突し、軽トラックを運転していた東膳勇さん(55)が死亡(鹿児島県肝属郡肝付町)


大型トラックと正面衝突し、軽トラックを運転していた東膳勇さん(55)が死亡(鹿児島県肝属郡肝付町)

大型トラックと正面衝突し、軽トラックを運転していた東膳勇さん(55)が死亡(鹿児島県肝属郡肝付町)

肝付町の国道で14日朝、軽トラックと大型トラックが正面衝突し、軽トラックを運転していた男性が死亡しました。

肝付警察署によりますと、14日午前8時ごろ、肝付町岸良の国道448号で、軽トラックと大型トラックが正面衝突しました。

この事故で軽トラックを運転していた近くに住む肝付町役場の臨時職員・東膳勇さん(55)が全身を強く打ち、病院に運ばれましたが、およそ2時間後に死亡しました。

一方の大型トラックを運転していた肝付町の68歳の男性にけがはありませんでした。

現場は片側1車線のほぼ直線の道路で、現場の状況から警察は軽トラックがセンターラインを越えたとみて、事故の詳しい原因を調べています。

MBC南日本放送 | 鹿児島 2017/12/14(木)

鹿児島県肝属郡肝付町の国道448号線で、大型トラックと正面衝突し、軽トラックを運転していた男性(55)が死亡するという事故が起きました。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。