JR錦糸町駅前にあるビル1階に乗用車が突っ込む、警備員の男性が右足を骨折

JR錦糸町駅前にあるビル1階に乗用車が突っ込んだ

「アクセルとブレーキを踏み間違えた」と話している

突っ込んだビルからレッカー車でけん引される乗用車=東京都墨田区のJR錦糸町駅前で2016年5月15日午後8時22分、毎日新聞 小出洋平撮影

突っ込んだビルからレッカー車でけん引される乗用車=
東京都墨田区のJR錦糸町駅前で2016年5月15日午後8時22分、毎日新聞 小出洋平撮影

 15日午後6時40分ごろ、東京都墨田区江東橋3のJR錦糸町駅前にあるビル1階に乗用車が突っ込んだ。近くにいた警備員の男性(45)がはねられて右足を骨折、車を運転していた練馬区の男性(83)も軽傷を負ったが、いずれも命に別条はないという。本所署が当時の状況を調べている。

 同署によると、乗用車は国道を挟んでビルの向かいにある駐車場から出た直後に急発進し、国道を横切ってビルの玄関部分に突っ込んだ。運転手の男性は「アクセルとブレーキを踏み間違えた」と話しているという。

 事故を目撃した男性(30)は「車が猛スピードで道路の中央分離帯の生け垣を飛び越え、向かいのビルに突っ込んだ。自分が巻き込まれたかもしれないと思うとぞっとする」と話した。

 現場はJR錦糸町駅南口の繁華街。

(毎日新聞【春増翔太、森健太郎】)

アクセルとブレーキを踏み間違えたということで、怖いですね・・・。駐車場から出た直後に急発進して、国道を横切ってビルの玄関部分に突っ込んだようですが、繁華街を歩いていて、急に国道を横切って車がきてもすぐには逃げられそうにないので、事故は避けられない可能性が高いので、もしこういう事故に遭ったらと考えると背筋が凍る思いになります。

被害者の方も右足を折るケガを負ってしまい、本当にお気の毒だと思いますが、命に係わる事故にならなくて良かったと思います。

これを機に運転手の方もあらためて車の免許を持っていていいのかどうかを真剣に考えて欲しいです。

ルームミラー型2.7インチ液晶モニター搭載ドライブレコーダー

夜間暗視撮影 赤外線4灯搭載 GPS 高画質録画