北関東自動車道でクルマ3台が絡む事故 追突された車の親子が重軽傷(群馬県伊勢崎市)

大型トラックと衝突して止まっていたワンボックスカーに後続のトラックが追突

ワンボックスカーを運転していた女性が重体

北関東自動車道でクルマ3台が絡む事故 追突された車の親子が重軽傷(群馬県伊勢崎市)

北関東自動車道でクルマ3台が絡む事故 追突された車の親子が重軽傷(群馬県伊勢崎市)


北関東自動車道でクルマ3台が絡む事故 追突された車の親子が重軽傷(群馬県伊勢崎市)

北関東自動車道でクルマ3台が絡む事故 追突された車の親子が重軽傷(群馬県伊勢崎市)

群馬県の北関東自動車道で、大型トラックと衝突して止まっていたワンボックスカーに後続のトラックが追突し、ワンボックスカーを運転していた女性が重体です。

 13日午前6時半ごろ、群馬県伊勢崎市を通る北関東自動車道で、大型トラックとワンボックスカーが衝突しました。

その数分後、路上に止まっていたワンボックスカーに別のトラックが追突しました。

警察によりますと、ワンボックスカーを運転していた女性(37)が重体で、一緒に乗っていた息子(16)が軽傷です。

この事故で、警察はワンボックスカーに追突したトラックを運転していた堀之内直樹容疑者(33)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。

取り調べに対し、堀之内容疑者は「間違いありません」と容疑を認めています。

テレビ朝日系(ANN) 2017/1/13(金)

群馬県の北関東自動車道で、大型トラックと衝突して止まっていたワンボックスカーに後続のトラックが追突し、ワンボックスカーを運転していた女性が重体という事故が発生しました。

衝突したトラックが車間距離を取ってなく起きた事故でしょうか。

高速道路では、十分な車間距離を取ることが必要です。
当たり前の事を当たり前にする事が、事故を防ぐ近道なのではないでしょうか。

怪我をされた方の快復を祈るばかりです。