【神戸・車暴走】澤井国一容疑者「よく覚えていません。今から思い出します」と話した(兵庫県神戸市)

歩行者5人と車の同乗者1人のあわせて6人が重軽傷

「運転席の人は座ったままカードの束から何かを探していました」

暴走し、歩行者を次々とはねた乗用車=神戸市中央区で2016年5月3日午前11時49分、毎日新聞本社ヘリから西本勝撮影

暴走し、歩行者を次々とはねた乗用車
=神戸市中央区で2016年5月3日午前11時49分、毎日新聞本社ヘリから西本勝撮影

 神戸市のJR三ノ宮駅前で、乗用車が暴走して歩行者を次々にはねて歩道に乗り上げ、消防によりますと、歩行者5人と車の同乗者1人のあわせて6人が重軽傷を負いました。

 警察は、車を運転していた63歳の男を過失運転傷害の疑いで逮捕して、詳しい状況を調べています。

 3日午前11時すぎ、神戸市中央区のJR3ノ宮駅前の交差点で、乗用車が暴走して歩行者を次々にはねたあと歩道に乗り上げました。

 車は、歩道の脇にある銅像の台座の部分に衝突してとまりました。
消防によりますと、この事故で歩行者5人が重軽傷を負い、このうち、10代と40代の女性2人がけがの程度が重いということです。

 また、5人のほかに、車の助手席に乗っていた男性1人が、軽いけがをしたということです。

 警察は、車を運転していた、神戸市中央区の澤井国一容疑者(63)を過失運転傷害の疑いでその場で逮捕しました。

 事故を目撃した男性は、「車は赤信号で進入してきて、通行人をはねて止まった。運転していた男は、意識がもうろうとしているように見えた」と話しています。

 現場は、JR三ノ宮駅の北側にあるロータリーに近い場所で、警察と消防が、詳しい状況を調べています。

(関西 NEWS WEB 2016年05月03日)

 3日午前11時過ぎ、兵庫県神戸市の中心部、JR三ノ宮駅の北側で車が暴走し、歩行者ら計7人が重軽傷を負った。警察は運転していた63歳の男を現行犯逮捕している。

 現場はJR三ノ宮駅前、神戸の一番の繁華街で起きた。目撃者などの情報によると、暴走した車は赤信号にもかかわらず、青信号に変わって歩き出した歩行者 に突っ込み、そのままブレーキをかけることなく交差点を突っ切って、反対側のビルの手前で止まった。ドライブレコーダーには事故の瞬間を捉えた映像が映っ ている。

 3日午前11時7分頃、神戸市中央区加納町4丁目のJR三ノ宮駅の北側で「車が歩道に突っ込んだ。歩行者をはねた」と110番通報があった。警察などに よると、乗用車が暴走して次々と歩行者をはねて歩道に乗り上げ、駐車していたバイクにぶつかって止まった。警察などによると、この事故で、歩行者5人と車 に乗っていた2人の計7人がケガをした。このうち、歩行者の14歳と44歳の親子の女性2人が重傷を負った。意識はあるという。

 事故を目撃した人たちは次のように話している。

 「1人は1回、ボンネットに乗りました。ボンネットに乗った人は道の真ん中で落ちて、(車が)またひいて、そのまま一方通行の角でスピードを落とさずにボカンと当たって止まった」

 「運転席の人は座ったままカードの束から何かを探していました」

 警察は、車を運転していた神戸市に住む無職の澤井国一容疑者を過失運転致傷の現行犯で逮捕した。澤井容疑者は搬送先の病院で、警察に対して「よく覚えていません。今から思い出します」と話したという。澤井容疑者のケガの程度は軽く、意識はハッキリしているという。

 現場は神戸・三宮の中心地で、多くのビルや飲食店などが立ち並ぶ場所。3日はゴールデンウイークということもあり、大勢の観光客や地元の買い物客らが行 き交っていた。発生から4時間半以上たっても現場周辺の道路では交通規制が行われていて、警察による実況見分が続いている。

(日本テレビ系(NNN)2016年 5月3日)

 

澤井容疑者は「よく覚えていません。今から思い出します」と話したということですが、なんらかの病気だったのでしょうか。今後の捜査による解明が待たれます。

GPS内蔵 衝撃センサー搭載のドライブレコーダー

後方撮影も可能な2カメラ・常時録画のドライブレコーダー