10代とみられる4人が乗った軽乗用車がガードレールに衝突し大破(石川県小松市)

女性1人が全身を強く打ち、意識不明の重体

現場はJR小松駅から北東約2キロの片側1車線の直線道路

10代とみられる4人が乗った軽乗用車がガードレールに衝突し大破(石川県小松市)

10代とみられる4人が乗った軽乗用車がガードレールに衝突し大破(石川県小松市)

20日午前4時15分ごろ、石川県小松市白江町の国道305号で、10代とみられる4人が乗った軽乗用車が、道路左側のガードレールに衝突し大破した。

全員が近くの病院に運ばれ、女性1人が全身を強く打ち、意識不明の重体。男性2人と女性1人は重傷を負った。

 小松署は身元の確認を急ぐとともに、詳しい事故原因を調べている。

 同署によると、車は加賀市方面から金沢市方面に向かっていた。

現場はJR小松駅から北東約2キロの片側1車線の直線道路で、路面の凍結などはなかった。

10代とみられる4人が乗った軽乗用車が、道路左側のガードレールに衝突し大破しました。

事故現場は片側1車線の直線道路で、路面の凍結などはなかったとの事です。

事故は、いかにして起こってしまったのでしょうか。

怪我をされた方々の回復をお祈りします。

GPS内蔵 衝撃センサー搭載のドライブレコーダー

後方撮影も可能な2カメラ・常時録画のドライブレコーダー