17歳の男子高校生が福田治夫容疑者(67)運転のクレーン車のアームに衝突(埼玉県北本市)

歩道を自転車で走ってきた男子高校生と衝突

駐車場から左折して県道に出ようとしたところ

jitensha_jiko_img02

 男子高校生がクレーン車のアームに衝突し、意識不明の重体です。

 警察によりますと、2日午前7時すぎ、埼玉県北本市の県道で自転車に乗って通学途中だった17歳の男子高校生がクレーン車のアーム部分に衝突しました。

 男子高校生は頭を強く打ち、意識不明の重体です。クレーン車が駐車場から左折して県道に出ようとしたところ、歩道を自転車で走ってきた男子高校生と衝突したということです。

 警察はクレーン車を運転していた福田治夫容疑者(67)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。警察が事故の状況を詳しく調べています。

(テレビ朝日系(ANN)2016年 9月2日

クレーン車が駐車場から左折して県道に出ようとしたところ、歩道を自転車で走ってきた男子高校生と衝突したということで、とても御気の毒に思います。今後の詳しい調査による事故の解明が待たれます。