【続報】【梅田・車暴走事故】運転手の身元判明

元熱血高校教師、現在は会社社長の大橋篤さん

以前の記事の続報です
>>【梅田・車暴走事故】繁華街騒然梅田で車突っ込む事

この記事の続報あります。
>>【梅田・車暴走事故】運転男性発症の大動脈解離と心タンポナーデ
>>【続報】【梅田・車暴走事故】意識不明の重体となっていた女性(28)が死亡

奈良の中部トータルサービス(給排水トラブル対応の会社)の社長

熱血FPオフィシャルブログより

熱血FPオフィシャルブログより(http://ameblo.jp/sfp1/entry-11941620951.html)

昨日はラジオの収録を行いました。

今回のゲストは、奈良を拠点にご活躍されている、株式会社中部
トータルサービス代表取締役の大橋篤さん。

大橋さんは現在、会社経営者としてご活躍されていますが、実は
長年高校で教師をされていました。

新聞などでも『熱血先生』として取り上げられていて、荒れた学校で
子供達と真剣に向き合ってこられたそうです。

奈良県代表としてここ数年、ラグビーの全国大会常連校となった
御所実業高校ラグビー部の後援会長もされていて、息子さんも
現役部員として頑張っておられるとか。

現在は教師時代に培った『熱血教育』を会社経営にフィールドを
変えて『熱血経営者』としてご活躍されていますが、今日は熱い
お話を沢山聴かせて頂きましたメラメラ

大橋さんご出演ありがとうございました!

熱血FPオフィシャルブログより
(http://ameblo.jp/sfp1/entry-11941620951.html)

また、ご本人だと思われるTwitterアカウント(@a240084)もあり、精力的に活動されているようでした。

Twitterアカウント(@a240084)より

Twitterアカウント(@a240084)より

また、Facebookアカウントも見つけましたが、最後の投稿が事故直前のようなのですが、どういうことなのでしょうか??

大橋篤さんFacebookアカウントより

大橋篤さんFacebookアカウントより

運転手の大橋さんは、目撃者の話だと事後直後はのけぞってうんうん言ってたようですし、痙攣もしていたということですので、病気発症の可能性もあります。NHKの報道でも、直前の病気の発症の可能性を示唆していました。

 大阪の阪急・梅田駅前の交差点で、乗用車が歩行者を次々にはねて、運転手を含む2人が死亡、9人が重軽傷を負った事故で、当時、運転手が、心臓の近くの血管が破裂する病気を発症して意識を失っていた可能性があることが、捜査関係者への取材で分かりました。
 
 警察は、正常な運転ができない状態で赤信号の交差点に進入したとみて調べています。

 きょう午後0時半すぎ、大阪の阪急・梅田駅前のスクランブル交差点で、乗用車が、横断歩道を渡っていた歩行者を次々にはねたあと歩道に乗り上げ、さらに歩行者をはねました。

 この事故で、歩行者の50代の男性と乗用車を運転していた50代の男性が死亡し、歩行者の20代の女性が意識不明の重体となるなど、9人が重軽傷を負いました。

 警察が、運転していた男性の遺体などを調べたところ、運転中に、心臓の近くの血管が破裂する突発性の病気を発症して意識を失っていた可能性があることが、捜査関係者への取材で分かりました。

 警察は、正常な運転ができない状態で、スピードを落とさないまま赤信号の交差点に進入したとみて、健康状態や医療機関の受診状況を調べるとともに、司法解剖して、詳しい死因を特定することにしています。

 事故があった大阪・梅田は、JR大阪駅や私鉄のターミナル駅、それに、百貨店や家電量販店などが集まる大阪を代表する繁華街で、事故当時は、大勢の人でにぎわっていました。

(NHK NEWS WEB 2月25日)

いずれにしても、事故原因の解明が待たれます。

お亡くなりになられた方のご冥福をお祈りいたします。

ルームミラー型2.7インチ液晶モニター搭載ドライブレコーダー

夜間暗視撮影 赤外線4灯搭載 GPS 高画質録画