京都・舞鶴若狭道で乗用車と軽乗用車が正面衝突し3人死傷事故(京都府綾部市)

事故の影響で、約4時間通行止めとなった。

現場は片側1車線で、軽乗用車が反対車線にはみ出した

京都・舞鶴若狭道で3人死傷事故(京都府綾部市)

京都・舞鶴若狭道で3人死傷事故(京都府綾部市)

 7日午後1時ごろ、京都府綾部市大畠町の舞鶴若狭自動車道下り線で、宮津市田井、会社員の男性(19)の軽乗用車と、福知山市正明寺、会社役員の男性(44)の乗用車が正面衝突し、会社員男性が頭などを強く打って死亡した。

 会社役員と同乗していた同市の会社経営の男性(49)はいずれも首などに軽傷を負った。

 京都府警高速道路交通警察隊によると、現場は片側1車線で、軽乗用車が反対車線にはみ出した、という。

 事故の影響で、上下線ともに福知山インターチェンジ(IC)-綾部IC間が約4時間通行止めとなった。

(京都新聞 1月7日)

現場は片側1車線で、軽乗用車が反対車線にはみ出した、ということですが、今後の詳しい調査による事故の解明が待たれます。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

GPS内蔵 衝撃センサー搭載のドライブレコーダー

後方撮影も可能な2カメラ・常時録画のドライブレコーダー